後継者育成

近年のデジタル印刷技術の発達により、木版の需要が減少しているため、伝統木版技術を担う職人や後継者が少なく危機的状況となっています。本財団では、世界に誇れるこの日本独特の印刷文化を次代に残していくため後継者育成に力を入れています。

高度技術者研修制度

伝統木版技術を継承し、将来職人となって活躍する人材を育成するために毎年1~2名の研修生の採用を行い、「高度技術者研修」を実施しています。

研修生の募集要項はこちら

インターンシップ研修

研修生へご応募いただくにあたり、伝統木版技術そして職人としての仕事についてより深く知っていただくために応募希望者に限定したインターンシップ型ワークショップを毎年夏に実施しています。

インターンシップ研修の募集要項はこちら