アダチが継承する日本独自の伝統木版技術

浮世絵の名作を生んだ木版技術は、世界でもまれに見る高度な印刷技術として、今なお高い評価を得ています。私たちは、この技術を次代へ継ぐとともに、世界へ向けて新たな伝統木版の可能性を追求してまいります。

伝統木版技術について

お知らせ<

「第23回職人に学ぶ木版画教室」参加者募集

[2017.09.27] 平成29年度の木版画教室の受付を開始しました 本財団では伝統木版の技術に興味を持つ一般の方々を対象に、年に一回「職人に学ぶ木版画教室」として「初級技術研修会」をおこなっています。 「職人に学ぶ木…

第9回アダチUKIYOE大賞 作品募集

本財団では、江戸時代の浮世絵を支えた木版画の技術を活かし継承していくためには、今という時代を反映し、人々に受け容れられる作品を描く絵師の存在が不可欠であるとの思いで、平成21年度より絵師募集の公募「アダチUKIYOE大賞…

【受付終了】平成29年度 職人志望者向けワークショップ参加者募集

本財団では、江戸時代の浮世絵制作技術である伝統木版技術を継承し、将来職人となって活躍する人材を育成するため、これまで毎年1~2名の研修生の採用を行い「高度技術者研修」を実施しております。 研修生へご応募いただくにあたり、…

活動レポート

新鋭のアーティストfeebee(フィービー)氏が描く!本年度の進呈作品制作をレポート

本財団の活動をご支援いただいている賛助会員の皆様へ1年の成果報告として進呈している新作木版画の本年度分がこのたび完成いたしました! 今回絵師にお迎えしたのは、強い色と繊細な線で人間や動植物を描き出し、独特なネオジャパネス…

木版画制作監修

現代の美人画誕生!絵師・池永康晟氏「散菊・沙月」の制作に迫る

魅惑的な現代の美女を繊細な描線と独特の色彩で表現することで人気の画家・池永康晟氏が絵師となり、浮世絵制作技術を今に継承する彫師・摺師と共に創造した初の美人画が完成しました!歌麿をはじめ、多くの美人画を生んだ伝統木版技術を…

木版画制作監修

海外出張実演 in サンフランシスコ

去る7月23日・24日の2日間、アメリカ・サンフランシスコへ出張実演に行ってまいりました。今回は江戸東京博物館さんからの招聘で、日本の最先端のJ-POPカルチャーを紹介するイベント「J-POP SUMMIT 2016」に…

外部イベント

第7回(平成27年)アダチUKIYOE大賞作品木版画制作スタート!

“21世紀の浮世絵師の発掘”を目的に、平成21年度より始まった公募展「アダチUKIYOE大賞」。昨年度、第7回の応募総数62点の中から大賞を受賞した、島崎良平さんの作品の木版画制作が始まりました!「美男・美女画」をテーマ…

UKIYOE大賞

事業内容

木版画制作監修 助成 後継者育成 啓蒙普及 貸出・情報提供 監修作品

財団について

財団の概要と目的 理事長よりご挨拶 事業報告・資料 役員一覧 所在地

常設展示場

アダチ版画財団で監修した
木版作品(浮世絵・現代)の展示、
および木版の制作工程・道具などを
常設展示しています。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

賛助会員のご案内

伝統木版の技術を保存・継承するための活動を
一般の皆様方よりご支援いただくために、賛助会員制度をもうけ、
年間を通じて広く会員を募集しています。

詳細はこちら