アダチが継承する日本独自の伝統木版技術

浮世絵の名作を生んだ木版技術は、世界でもまれに見る高度な印刷技術として、今なお高い評価を得ています。私たちは、この技術を次代へ継ぐとともに、世界へ向けて新たな伝統木版の可能性を追求してまいります。

伝統木版技術について

お知らせ<

摺師を目指す方を求めています!

浮世絵に培われた伝統木版技術のうち、摺師となる人材を現在、募集しています。将来、一流の職人として、浮世絵の復刻版をはじめ、現在国内外で活躍するアーティストの木版画作品の制作に携わってみたいという方は、是非ご応募ください。…

【受付終了】「第25回職人に学ぶ木版画教室」参加者募集

[2019.09.20] 令和元年度の木版画教室の受付を開始しました [2019.10.08] 水曜クラスは定員となりました [2019.10.26] 令和元年度の木版画教室の受付を終了しました   本財団では…

財団設立25周年記念企画展 「見る!触る!体験する!浮世絵大解剖 」
~北斎の“グレートウェーブ”を究める~

江戸時代から続く浮世絵制作の技術を、次代へと継承するために活動を行う(公財)アダチ伝統木版画技術保存財団は、このたび設立25周年を記念して、広く一般の方に浮世絵そして伝統木版技術の魅力をご紹介する企画展を開催いたします。…

活動レポート

令和元年度賛助会員向け進呈作品
石松チ明さんインタビュー(第10回アダチUKIYOE大賞 特別賞) Part1

私どもの財団の活動をご支援くださる賛助会員に毎年配付させていただいております進呈作品のご案内が12月より始まりました。今年の新作は、第10回アダチUKIYOE大賞で第10回記念特別賞を受賞された石松チ明さんの「甘ったれ …

UKIYOE大賞

アダチUKIYOE大賞 受賞者インタビュー
第9回優秀賞 奥村彰一さん PART2

PART2 制作編 Q. 実際の木版制作において、職人とのコラボレーションはどうでしたか? ◆彫について 自分の作品の線は、清末民初の中国の作家の線を基にしているのですが、かなり自由奔放で、墨溜まりやかすれなどを駆使した…

UKIYOE大賞

アダチUKIYOE大賞 受賞者インタビュー
第9回優秀賞 奥村彰一さん PART1

当財団が毎年行っている絵師募集の公募「アダチUKIYOE大賞」の本年度締切まで残り1カ月弱となりました。 応募を検討されている方に本公募のもつ可能性をもっと感じていただきたいという思いから、実際応募し、木版画制作をご経験…

UKIYOE大賞

アダチUKIYOE大賞 受賞者インタビュー
第9回大賞 宮﨑優さん PART2

PART2 制作編 Q. 実際の木版制作において、職人とのコラボレーションはどうでしたか? 感動の嵐でした!(笑)彫については、本当に、何もわかっていなかったな、ということが分かりました。 木で彫った凹凸から生まれるもの…

UKIYOE大賞

事業内容

木版画制作監修 助成 後継者育成 啓蒙普及 貸出・情報提供 監修作品

財団について

財団の概要と目的 理事長よりご挨拶 事業報告・資料 役員一覧 所在地

常設展示場

アダチ版画財団で監修した
木版作品(浮世絵・現代)の展示、
および木版の制作工程・道具などを
常設展示しています。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

賛助会員のご案内

伝統木版の技術を保存・継承するための活動を
一般の皆様方よりご支援いただくために、賛助会員制度をもうけ、
年間を通じて広く会員を募集しています。

詳細はこちら