令和元年度賛助会員向け進呈作品
石松チ明さんインタビュー(第10回アダチUKIYOE大賞 特別賞) Part1

UKIYOE大賞
私どもの財団の活動をご支援くださる賛助会員に毎年配付させていただいております進呈作品のご案内が12月より始まりました。今年の新作は、第10回アダチUKIYOE大賞で第10回記念特別賞を受賞された石松チ明さんの「甘ったれ Sweetie」です。

ishimatsu03
完成した木版画作品 石松チ明「甘ったれ Sweetie」


石松さんは、「不美人画」という、一種卑屈で不遜な印象すら与えるテーマを中心に描くことで、見るものに美の多様性を問いかけています。また、今回の作品は、少ない色数で巧みに画面が構成され、木版の良さが活かされた素敵な作品に仕上がっています。

今回、石松さんがアダチUKIYOE大賞へどのような想いでご応募いただいたのか、そして受賞後の木版画制作について、ご本人にインタビューさせていただきました。

Q. ご応募いただいたきっかけは?
幼い頃から葛飾北斎や、その影響を受けたイギリスの画家オーブリー・ビアズリーにお熱で浮世絵に対する憧憬を強く抱いていました。メインテーマに据えている「不美人画」も浮世絵のジャンルのうちの一つである美人画から派生させ創造したものです。

そんな思いが体内で発酵する中、第10回アダチUKIYOE大賞募集フライヤーを見て「これは何が何でも獲るしかない!」と思い迷わず応募を決めました。前回の大賞受賞者が憧れの宮﨑優さんだったことも大きなきっかけの一つです。

flier
第10回の応募フライヤー


Q. 応募の際、特に気をつけられたことはありますか?
気をつけたことは、自らの制作理念と公募のコンセプトとの一致をどう審査員の方々に伝えるか、ということです。そのためにポートフォリオ制作における作品、文章、紙質、デザイン等は周到に考えました。

ishimatsu01.02
石松さんが実際用意したポートフォリオ


Q. 受賞の時のお気持ち、そしてその後作家活動に影響は?

やったー!の一言です。時間が経つにつれ、だんだんと自分の作品が木版画になるというこれ以上ない嬉しさがじわじわ胸に染み込み喜びに打ちふるえました。家族、友人、ギャラリー、お客さん等各方面からも大きな反響があり、皆総出で木版画の完成を待ちわびてくれています。木版画作品は3月の名古屋栄三越にてお披露目させてもらう予定です。個展のお話は3月にいただいたのですが、アダチUKIYOE大賞の受賞により弾みがついて実現に至りました。

木版画「甘ったれ Sweetie」を名古屋栄三越(2020年3月)の個展でご紹介いただけることは、財団としても石松さんの作品を通して、伝統木版画の魅力を知っていただく貴重な機会が得られることと、大変嬉しく思います。ありがとうございます。
賛助会員(年会費2万円)にお申し込みいただいた方に、進呈させていただいております。>>賛助会員のご案内
>>PART2 制作編に続く(近日公開予定)
石松チ明 略歴
1994年 静岡県浜松市に生まれ。
2012年 成蹊大学法学部に入学、司法試験を志すも、絵の道へ。以降、不美人画家として活動。
2017年 初個展「初不美人画展」
2018年 池袋アートギャザリンク2018 栗原画廊賞
2018年 個展「不美人画家展2」
2018年 KENZAN2018 みうらじろうギャラリー賞
2018年 美術新人賞デビュー2019 入選
2018年 第10回アダチUKIYOE大賞 第10回記念特別賞
2019年 個展「不美人画家展3」
2019年 個展「不美人画家展 東京」
2019年 ペーターズギャラリーコンペ2019 大賞(上田三根子賞・藤田知子賞)
七味
「UKIYOE大賞」カテゴリーの他の記事

アダチUKIYOE大賞 受賞者インタビュー
第9回優秀賞 奥村彰一さん PART2

PART2 制作編 Q. 実際の木版制作において、職人とのコラボレーションはどうでしたか? ◆彫について 自分の作品の線は、清末民初の中国の作家の線を基にしているのですが、かなり自由奔放で、墨溜まりやかすれなどを駆使した…

UKIYOE大賞

アダチUKIYOE大賞 受賞者インタビュー
第9回優秀賞 奥村彰一さん PART1

当財団が毎年行っている絵師募集の公募「アダチUKIYOE大賞」の本年度締切まで残り1カ月弱となりました。 応募を検討されている方に本公募のもつ可能性をもっと感じていただきたいという思いから、実際応募し、木版画制作をご経験…

UKIYOE大賞

アダチUKIYOE大賞 受賞者インタビュー
第9回大賞 宮﨑優さん PART2

PART2 制作編 Q. 実際の木版制作において、職人とのコラボレーションはどうでしたか? 感動の嵐でした!(笑)彫については、本当に、何もわかっていなかったな、ということが分かりました。 木で彫った凹凸から生まれるもの…

UKIYOE大賞
すべて見る